事業内容

Private Equityのファンド運用、
M&A、出資/投資

  • アメリカ・北米での会社買収 M&A
  • 上場/未上場企業の再編、
  • 民事再生下の事業買収
  • 事業債権の買取り
  • 未上場企業への出資、上場企業の出資/未上場化
  • MBO時の事業出資
  • 米国企業との新組織による合弁、提携支援
  • ストラクチャーファイナンス

SPAC設立、Reverse Mergerによる上場

  • SPAC(特別投資目的会社)設立
  • SPACによるReverse Merger支援
  • SPACへの出資
  • 上場Shell企業の支援

起業、スピンアウト

  • 米国でMBO支援
  • 企業より、部門買収、スピンアウト。技術/スタッフの買収
  • 米国法人精算時のMBO(技術、人員、無(有)形/資産の引き継ぎ、独立、起業)
  • 独立、投資/融資を受けて起業、貿易会社設立
  • 技術、ソフト、人員、ノウハウ、利権、パテント等の複雑ストラクチャー投/融資ファイナンス
  • 不動産/事業のストラクチャー投/融資ファイナンス、シンジケートバイアウト
  • レバレッジ買収/LBO

 

過去のご相談事例

M&A  一時は精算を検討

米国市場での展開相談

支援内容

米国で現地法人を立ち上げ18年のお客様でした。
継続した赴任者の候補もおらず、現地法人も年々規模と利益が減少。閉鎖も考えたが、北米の市場は閉めたら将来の本社のグローバル化、展開の可能性も消えてしまうと悩まれていました。
米国での展開、理想を伺い、取引先の小規模の会社(事業)の買収を提案。現地法人と合弁をし、過半数の株式を保有。経営は今までの米国スタッフに一任。
弊社では年に数回の役員会議、株主議決の代行をさせて頂き、事業は継続をして頂いております。

M&Aを切っ掛けに米国展開

日本本社からは一名が買収先に赴任/財務管理。経営は買収先の信頼のおける幹部に一任。

支援内容

北米で細々と販売をされていたメーカーのお客様。1980年代より米国中堅企業が米国で販売の代理店でしたが、利益を多く取られていたので販売拡散に繋がらなかった。毎年展示会で米国には幹部の方々が渡米されておいでになり、理想の取引先を話されていました。弊社で買収を提案。
買収には至りませんでしたが、日本の製品を扱う合弁会社を設立、関わっていた米国スタッフに移籍していただき、米国人幹部を起用し立ち上げて運営。その後、数年かけて過半数の保有比率にあげて拡張されました。

独立、起業

本社より帰任命令が出た事を切っ掛けに退職

支援内容

以前より本社へ帰任される意思はないと言うご相談を頂いておりましたが辞める理由もなく、18年在住。
帰任命令を切っ掛けに帰任予定日前、数ヶ月間で会社を立ち上げ退職起業。当初は売り上げもなくご苦労されましたが、3年で黒字化。ビザの問題もあられましたので、弊社ファンドより投融資支援。
現在では数名の社員で貿易事業から小売食品店を展開中。

弊社と合弁事業を設立/展開

本社より事業の展開を命じられて渡米。退職と同時に弊社と合弁で事業展開

支援内容

A様は本社より渡米されハワイで飲食事業を展開。非常に成功をされ、家族とともに永住を決意。
早々に退職、起業を検討されましたが、早期の決断のために保留を推奨。2年待たれその間、独立ビジネス構想を検討。
弊社では継続して旧日本のクライアント様のハワイ事業は支援させていただき、A様の退職ご意向の意思は
本社幹部様にお伝えし説得。現在でもA様は旧ハワイ事業を支援し売り上げも維持から成長へと。A様は旧お勤め先と提携し、二号店舗目をカリフォルニアで展開する契約を署名。弊社より資金出資、A様と合弁会社を設立。米国本土での営業権を取得し、二号店舗目意向を展開中です。