日本企業が アメリカ進出の際に気になるのがそのコストです。
駐在員にはどの程度日本のコスト+がかかるのか? 赴任経費はどの程度になるのか?
米国での事業展開ではどの程度の利益率が確保できるのか?
ジャパンコーポレートアドバイザリーでは長年の日本企業アメリカ 進出支援の経験を持って、様々な情報をご提供しております。

米国・サンノゼ・サンフランシスコ・サンディエゴに進出している日本企業は、コストが高いという評判や現状と直面いたしますが、半導体・IT・ソフトウェア・医薬・バイオ・ベンチャー、各種事業、利益率は他の地域に進出している企業・産業より遥かに高いのも現状です。

製造業

【メーカー・ハイテク企業 等】
・支店長・VP(副支店長)クラス上限額 ($4,650-$5,250)
・一般社員上限額 ($3,250-$3,650)
・単身(独身含む)研修生 ($2,650前後)
主な在住エリア:
シリコンバレーエリア Mt.Viewより南
Santa Clara, San Jose, Milpitas,Fremontに集中

サービス業

【コンサルティング・運輸・ホテル・観光・小売 等】
・支店長・VP(副支店長)クラス上限額 ($4,725-$5,500)
・その他社員上限額 ($3,425-$3,850)
・単身(独身含む)研修生 ($2,950前後)
主な在住エリア:
San Francisco市内, Millbrae, Burlingame, San Mateo,
Foster City, RedwoodShores

金融業

【銀行・VC・保険・投資関係】
給料額に対し、負担額の算出とのケースが多いようです。
・支店長・VP(副支店長)クラス上限額 ($5,350-$7,600)
・その他社員上限額 ($4,200-$4,725)
主な在住エリア:
San Francisco市内, Millbrae, Burlingame, San Mateo,
Foster City, RedwoodShores